がん保険のメリット・デメリット

医療保険の特約では保障されない保障内容など、がん保険独自のメリットがあり、一方でデメリットもあります。

がん保険のメリット

入院給付金は日数の限度が無い
医療保険では一度の入院に対して保障できる日数が60日や120日などのように制限されていますが、がん保険ではこの入院日数が無制限のものが主流です。再発転移などにより長期にわたって入退院を繰り返す場合でも日数制限がなく、治療途中で保障が切れることもなく安心して治療を受けることができます。

一時金での受け取りが可能

がん保険で診断一時金の保障がついている場合、がんと診断された場合に一時金を受け取ることができます。これは、医療保険では入院や手術について保障されるため、一時金としての受け取りはできないの対して、がん診断時に保障を受けることができるため、早い段階で治療のための準備を行うことができます。

がん保険のデメリット

がん治療のみを保障対象としている
がん保険はがん治療のために入院・所定の手術・通院治療を受けた場合に保障ができる保険です。保障を限定している分、医療保険と比較して保険料を安いですが、あくまでがんのみを対象としているため、病気やけがの治療においては保障されません。

契約後には90日間の待機期間がある

がん保険は契約後、すぐにがんになったとしても保障がされるというわけではなく、契約後90日間は待機期間としている保険が一般的です。この90日間の間に万一がんと診断された場合には、がん保険は無効となってしまいます。

がん保険をしるの最新記事