がん保険の4つの種類

がん保険は一般的に以下の4種類に分類されます。

入院給付金型

一番種類が豊富ながん保険です。がん入院給付金の日額をベースとして、診断給付金、手術給付金などの保障額が決まり、また主契約にプラスして特約としてさまざまな保障が選択できます。この種類のメリットとしては、選択肢が豊富にあることです。どのようながんに罹患するか分からないので広くかつ長期的にがんのリスクを備えたいという方向けです。

実損補填型

損保系の保険会社に多いがん保険です。健康保険により、公的医療制度では賄えない範囲の医療費などを補償する保険です。自由診療の費用も補償する保険もあります。がん保険にはあまりお金をかけたくないが、いざがんに罹患した際には、お金が掛かっても最新の治療方法を使っても治したいという方向けです。

診断給付金型

入院給付金型と異なり、入院給付金や手術給付金などがなく、診断給付金のみを保障する保険です。がんになったときに一時金としてまとまったお金が必要だという方にお勧めです。入院や手術の前にまとまった金額での保障が必要、罹患しても入院をせずに治療したい、といった方向けです。

収入保障型

がんになり、就労できずに治療期間の収入が減ってしまうリスクを保障する保険です。毎月、年金の形で保険期間が満了するまで保険金が給付されます。入院給付金や診断給付金などは預金で賄うことができるため不要であるが、その後の収入が減少することに備えたいといった方向けです。

がん保険をしるの最新記事