医療保険をしる

医療保険の種類は

医療保険にはまず大きく二種類あり、「終身保険」と「定期保険」があります。 保険料の払い込み期間や払い込み金額が異なり、どちらが有利かという基準はありません。 1、終身保険 終身保険は期間の定めがなく一生涯保障が続く保険です。解約しない限り、同じ保障内容が老後も含め一生涯続きます。途中で保険の更新や見直しの必要はありません。年齢が若いほど契約時の保険料は安くなります。そのため、途中で解約し 続きを読む >>

医療保険は必要か

入院やケガをした際にかかった費用が高額だった場合、公的医療制度である「高額療養費制度」や「傷病手当金」によって個人の支払いを一定金額におさえることができます。 民間の医療保険は、この公的医療制度の不足分をカバーするためのものです。 万が一、公的医療制度でまかないきれない出費や収入減となると、貯蓄を取り崩す状況になるため、マネープランが崩れる可能性があります。そんな不安を緩和、解消することが 続きを読む >>

長期入院に備えるには?

「入院費用や入院日数でどれくらい?」にあるように、入院日数は短くなっているとはいえ、疾患によっては半年から1年以上入院を余儀なくされるケースもあります。そうしたときでは、公的医療制度ではカバーできず、また民間の医療保険でもカバーできないケースもでてきます。そうしたリスクを想定した場合に、どのような方法で、長期の入院に備えられるか、以下の方法が考えられます。 1、入院日額を上げる なるべく限 続きを読む >>

医療保険の特約とは

医療保険の特約は、通常の保障である主契約に加えて、オプションとして、入院やケガ以外の保障をする契約のことです。主契約に加えて付加できるため、特約のみの契約はできず、また途中で解約でき、商品によっては中途付加ができたりと、必要に応じて保障を選択することができます。特約については一般的なもので以下のようなものが挙げられます。 通院特約 医療保険では、通常の主契約において通院は保障の対象外です。 続きを読む >>

入院費用と入院日数でどれくらいかかるもの

医療保険では入院給付金の給付条件が日額3,000円から15,000円と選択肢に幅があり、また入院日数も同様です。 (一般社団法人)生命保険文化センター 平成28年度「生活保障に関する調査」によると、ケガや病気による入院時の医療費等への備えとして必要と考える疾病入院給付金日額の平均額は全体で10,900円となっており、別にみると、平均額は男性で11,700円、女性で10,300円でした。「10 続きを読む >>

先進医療特約とは

先進医療とは、厚生労働省が定めた、特定の大学病院などで研究・開発された難病などの新しい治療や手術のことで、先進医療を受ける際の診察料、検査料、投薬料、入院料などは公的医療保険が適用されますが、先進医療の技術料は公的医療保険の対象外で、全額自己負担です。 平成30年3月1日時点で103種類となっており、先進医療を受診できる医療保険は厚生労働省が定めています。その厚生労働大臣が認める医療技術・適 続きを読む >>

高齢でも医療保険は必要か

高齢になると公的医療制度が充実することもあり、民間の医療保険に入る必要があるのかどうかは、検討する必要があります。 以下のデータは、性別・年齢別に分類した受領率のデータで、70歳以上の高齢者の受領率が高いことが見受けられます。そのため、医療費も大きな負担となり、定期的な収入が難しいことからも備えとしての対策が必要であります。 また、高齢者の公的保険による医療費負担は、以下のように、高齢 続きを読む >>