入院費用と入院日数でどれくらいかかるもの

医療保険では入院給付金の給付条件が日額3,000円から15,000円と選択肢に幅があり、また入院日数も同様です。

(一般社団法人)生命保険文化センター 平成28年度「生活保障に関する調査」によると、ケガや病気による入院時の医療費等への備えとして必要と考える疾病入院給付金日額の平均額は全体で10,900円となっており、別にみると、平均額は男性で11,700円、女性で10,300円でした。「10,000 ~15,000円未満」の割合は、男性で40.6%、女性で43.6%と最も多くなっており、入院した際に保障として必要となる金額は日額10,000円以上あるのが望ましいといえます。

医療保険をしるの最新記事